いろはにぴあの(Ver.2)

skynoco.exblog.jp ブログトップ

無題

 私はなぜこのブログを書いているのだろう?
 自分を見失わないため、というのが一番にあるような気がした。

 それにしても人がいい、と思うものと自分がいい、と思うものとは違うようだ。そしてどちらかと言えば、自分が持っていないものに対して人はうらやましいと思うようだ。
 今日教えていた生徒さん、私の字を見てこう言った。「字がきれいでいいなあ」
 一方その生徒さんはテニスができて活発、一方私は運動音痴。「テニスができるほうが楽しいよ」と私は言った。生徒さんは「いや、字がきれいなほうが絶対にいいって」
 そういうわけで私は運動神経のいい人に対して無条件にうらやましく感じるところがある。ピアニストの久元祐子さんも「個性は肉体、人との差異ではない」とおっしゃるし。この言葉、かなり衝撃的でした。欲を言えば学生時代に知っておきたかった、この言葉。差異を見つけようと必死になるのって、結構きついと思うんだ。人の本質にも反しているような気がするし。実生活では差異に対して厳しい目で見られることも結構多いのに、就職活動では差異を探すように個性を求められていると思われる今の学生さんも本当に大変だと思う。
 
 ちなみにピアノのレッスンは感覚の交流のような気がした。どのようなイメージ?と聞かれ、適切な言葉が思い浮かばず、もちろん適切な動きも出来ず、いい音だという判断も危ういのだが、なんとか弾いていて、自分でも自覚がないのだがあるとき「これがいい音なのよ」と言われることがある。私が感じる「いい」と先生が感じる「いい」とのずれをいかにうまく縮めていくかということなのだけど。。。感覚の交流は知識の交流に負けじおとらじ大変だ。
[PR]
by noco_003 | 2010-06-01 00:46 | 近況
line

音楽その他いろいろ綴っていきます


by noco_003
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite