いろはにぴあの(Ver.2)

skynoco.exblog.jp ブログトップ

ショパンDVD実況中継!?

 2月に行われたショパンコンサートのDVDを観ました。旦那が帰ってきてから観ようと思っていたのですが、ついに観れるときがやってきました。

 素敵なアレンジの出だしから始まりました。いつも素敵に編集してくださってありがたいです。
 いきなり紫色のノースリーブのブラウスを着た人が出てきました。私です。はりきってます。やるぞという勢いはあるのですが相当力んでいます。ノースリーブでの本番はそのときが初めてだったのですが、このように映るんだと思いました。これから腕にも気を付けないと。全体的に姿勢に気をつけようと思っていたのかもしれませんが、やたらと後ろにふんぞり返っているように思いました。
 最初のワルツ11番、いきなりなんだこりゃという状態。ひどいですね~。間違いが間違いを呼び、焦っているのが伝わってきます。速さも一定ではなくなってます。途中から我に返ったのかもしれませんが、だれたような感じです。
 マズルカ47番。この曲は開始前に堂々と客席にお尻を向けて椅子を直しているという図々しさ。マナー違反です。(後である方からご指摘いただきました)始まりは平常心だったのですが、音が全体的に硬いです。もっとやわらかく弾きたいのに~。がんばっているというのだけが伝わってくる感じでした。
 即興曲2番。長い曲なので最も心配でした。出だしは思ったよりもいい感じ。ちょっと急ぎ過ぎたかもしれません。しかし前半の盛り上がるところがいけませんね。大きくダイナミックに響かせたかったのに、ただ鍵盤を叩いているだけで全然響いていませんでした(涙)。後半の細かいところはうまく弾けた、のではなくてごまかしていたようです。実はいろいろと間違っているのですが(汗)集中力が切れそうになっていたのも分かります。
 前奏曲20番。思い切って弾いたつもりでしたがもっと強弱の変化をつけたかったな。しかしつけられるような音の出し方ができていないのだと思えました。こうしたいという思い、あとからあとから出てくるものです。

 その後黒いセーターを着た人が出てきました。旦那です。堂々とした感じです。そして椅子が高い。音色も柔らかいので重力奏法をしているのかとも思います。(本人は全く自覚がありません)しかしあの椅子の高さは私には決して真似できません。それにしてもスタミナのある演奏でした。本人は間違えたところを見つけてはここ間違えたと言っていましたが。。。

 DVDを観た後旦那がピアノの部屋にそそくさと向かったのは言うまでもありません。

 自分の演奏の下手さ加減は脇に置いておいて、後で見たらこのDVD、もっとなつかしい気持ちになれそうな気がします。ありがとうございました。
[PR]
by noco_003 | 2010-06-05 23:15 | ピアノ、音楽
line

音楽その他いろいろ綴っていきます


by noco_003
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite