いろはにぴあの(Ver.2)

skynoco.exblog.jp ブログトップ

辻井伸行さん

 立て続けに投稿しています。他にやるべきことがしっかりあるのですが(汗)

 昨晩放送された辻井伸行さんの番組の録画を観ました。同じ英雄ポロネーズでもブーニンの演奏に喜んだ赤ちゃんの頃。この子は耳がいいのでは、と思った両親はおもちゃのピアノを買い与えました。サイパンで初めて人前で演奏し、拍手をもらったことに歓びを感じた辻井さん。川上昌裕さんに力を診てもらいレッスンしてもらうことになりました。目が見えない彼が楽譜の内容を頭にスムーズに入れられるように、片手づつ曲をカセットテープに吹き込みながら解説を行いました。ものすごい分量のカセットテープ。辻井さんと川上さんの二人三脚が始まりました。意欲的にピアノを学び続け、いろいろなコンクールで活躍する辻井さん。川上さんがウィ―ンで受けた教え「喜びながら演奏する」という教えを見事に体現したようにどんなに難しい曲、厳しいレッスンでも喜びながら取り組む辻井さん。舞台が大きくなればなるほど燃えるというからすごい。
 川上さんが辻井さんに向けて伝えた言葉は「器の大きなピアニストになれ」ということでした。現状に満足せず、常に向上心を持ち続けよ、という意味でした。(そういう意味で言われていたと番組では解説されていました)それを素直に受け入れようとした辻井さん。2年後に難関のショパンコンクールへの出場を目指すと自ら宣言。そして実現させました。マズルカOp24-1、マズルカのリズムがつかめなくて、なかなか思うように弾けなくて苦労しましたが、コンクール会場のポーランドでは現地の人たちに混ざって一緒にマズルカを踊るなど努力をしていました。そして本番では体を揺り動かしながらすばらしい演奏を披露してくれました。
 番組の終わりにも披露されたマズルカOp24-1。心に残る演奏でした。
 素晴らしかったです。

 スケールの大きさ、せめて杉本さんや辻井さんの爪の垢を少しでも煎じたいと思った次第です。(by超小心者)
[PR]
by noco_003 | 2010-06-08 11:34 | ピアノ、音楽
line

音楽その他いろいろ綴っていきます


by noco_003
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite