いろはにぴあの(Ver.2)

skynoco.exblog.jp ブログトップ

クリスチャン・ツィメルマンさま

 今日は所沢まで出かけ

クリスチャン・ツィメルマン

のピアノを聴いてきました。

 曲目は
ノクターン第5番 嬰へ長調Op.15-2
ピアノ・ソナタ第2番 変口短調Op.35「葬送」
スケルツォ第2番 変ロ短調Op.31
ピアノ・ソナタ第3番 口短調Op.58
舟歌 嬰へ長調Op.60

のみのオールショパンプログラムでした。

 素晴らしい、素晴らしすぎる、音にフレーズに、耳を体を心を研ぎ澄まされて演奏されていて、しかもノリのいい演奏。全身全霊音に向けられてたエネルギー。もちろん技術もものすごいです。
 解釈も深いです。ショパンソナタ第3番の第4楽章や舟歌の左手から浮き立つ旋律。ここにこんなに大切なメロディーが隠れていたとは。あの難曲をあそこまでゆとりをもって弾いているのもすごいです。他も細かいところにまで心がくばられています。 
 アンコールには応じませんでした。でもあの演奏だったら、あれだけで十分に集中力を使い果たしてしまったのだろうと思えます。本当に密度の濃い演奏でした。
 それにしても椅子の高さは面白かったですね~。

  ツィメルマンは私が大人になって再開したときに習った先生が最も好きだったピアニストでした。「貴公子」と言われていました。早速バラードのCDを買ったのを覚えています。音をしっかり聴いて演奏することの大切さを教えてくださった先生が好きだったピアニストだというのがよく分かりました。
 ただソロのCDが少ないのが残念。ショパンのソナタのCDが出たりなんかしたら即購入を考えそうなのに。

 ツィメルマンさまのおかげで、ピアノ再開の原点を思い出せました。体調もすこぶるよくなり、心についていた垢も洗い流されました。

 ツィメルマンさまありがとう!!!!!
[PR]
by noco_003 | 2010-06-13 00:26 | ピアノ、音楽
line

音楽その他いろいろ綴っていきます


by noco_003
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite