いろはにぴあの(Ver.2)

skynoco.exblog.jp ブログトップ

ぎゃ~っ

 スタジオで練習してきた。そして録音を聴いてみた。ぎゃ~っ。声部をしっかり出そうとしてしっかり歌わせたら、けたたましく大げさでわざとらしく騒々しい。フレージングを気をつけようとしたら左手のリズムがあやしくなっている。めりはりをつけようとしたら、単に叩いている感じだったり、ペダルがうるさかったり。
 
 この2曲、先月中旬のステップ以来、かなり弾き方を変えてきたと思う。打鍵の変化をつけようとして、鍵盤の位置や指の角度、速度を変えたりしてみた。間違えて読んでいたところ(誰からも指摘はなかったのですが見つけたのです(^^;))を直したり、ひとまとまりにしたいのに小指同士がつながっていて切れやすいようなところがあって切れたままだったのでつないで聴こえるように練習してみたりした。自分だけでも粗さがしをしたらいくらでも見つかるのだった。きっと聴く人が聴いたら確実に粗をキャッチしそうだな。そして粗を直そうとして録音したら、ところによっては「直しました」と言わんばかりの変な主張が入っていた。しかも却って直して変になったように思えるところもあったりして。実は曲が体の中に入っていない?まだ集中できていない?しかし家のDGPで弾いたらまともに弾けているし聴こえているから、やっぱりピアノ次第なのかな?楽器の使い方に習得しきれていないのかな?(鳴らし方に習熟しきれていないというのは周知の事実なのですが、現段階では即刻できそうなことに限定して述べている)え~ん。でもデジピで頑張った人もいるそうですよ~。
 
 ということで教訓!?
 音の少ない曲にはくれぐれも注意しましょう。

 と終わってもいないのにこのようなことを書いている私なのだった。

 きっとものすごい高度な仕上がりで気合をこめて出られる方ばかりなのだろうな~。
 
 こんなに気になるところばかりで仕上がっている気がしないのに、雲の上的な存在の本番に出ようとしている私。こんな経験は生まれて初めてだけど、この経験が私にとっていいほうにつながればいいと本当に思うのです。

 ここで吐きだしたところで、本当に集中ですね!敵は自分の弱い心!向き合うのは音楽!がんばりましょう♪ 

 それからこう考えるのもありですね。
もし全くピアノが弾けなくなる日がやってくるのだとしたら?たとえば明日とか。
大いに効き目がありそうですね。

 実はコについての話、実家の母(主人のご両親にも)にしていません。できないです(汗)それでなくてもピアノにうつつを抜かしていると思っているのに、コだなんて言ったらあきれる上に仰天してしまいそうです。

 今現在ここまでピアノに向きあえていること自体、主人や周りの人たちに感謝しなくては、と思います。
[PR]
by noco_003 | 2010-06-21 17:44 | ピアノ、音楽
line

音楽その他いろいろ綴っていきます


by noco_003
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite