いろはにぴあの(Ver.2)

skynoco.exblog.jp ブログトップ

ちょっとリセット

 今日、実はピアノ、ほとんど弾きませんでした。他のことをたくさんしました。

 曲との出会いについて、棚卸しよう、と思いました。

 「浮き雲」を最初に聴いたのはシフの演奏でした。「岸辺に」が最初でその次に入っていたのですが、たちまち「岸辺に」「浮き雲」どちらも好きになりました。メンデルスゾーンの無言歌は演奏はそこまで難しくない、と言われているようですが、私が初めて聴いたときはどちらもとても難しい曲のように思えました。そしてその後田部京子の「岸辺に」「浮き雲」も聴きました。新婚旅行に出かけるときに、なぜかずっと頭の中をかけめぐっていたのが「岸辺に」でした。そして旅行先の楽譜屋さんで何気なく目に入った無言歌集の楽譜。無言歌集なら主人も私も弾きたくなることもあるかもしれないし、たまたま頭を駆け巡っていた「岸辺に」や大好きな「浮き雲」も入っていそうだったのでお土産に楽譜を買いました。折角買った楽譜、早速気に入った曲から弾いてみようと思い、「岸辺に」「浮き雲」からとりかかりました。そしてピアノマラソンなどで弾いてきました。「岸辺に」当時は弾けていたように思えていたものの、今見たら難しく感じます。「浮き雲」はお気に入りの一曲になり、その後もずっとお付き合いしています。
 ちなみに「胸騒ぎ(プレストアジタート)」との出会いはかなり遅く、田部京子の演奏、そしてある発表会での演奏を聴いたのが最初でした。とてもかっこいい曲だと思いましたが楽譜を見たら左手がとても難しそう。この曲は難しそうなので多分自分が弾くことはないだろう、と思っていました。メンデルスゾーンOp.53全曲弾くよりは他の曲に向かうだろう、と思っていました。
 ところがひょんな縁で「胸騒ぎ」も弾くことになり、一応弾けるようにはなりました。一方結構弾けていると思っていた「浮き雲」が果てしなかったというのも分かり。。。出会いはひょんだったのに縁が深い底なし沼の二曲になりそうです。(今ご無沙汰している「岸辺に」も弾きなおしてみたらきっと底なし沼だと思います)

 「浮き雲」と言えば広島県の世羅の公園を思い出します。芝生の上にぽかりと浮かぶ美しい雲を見るたびに頭の中に浮かんだのがこの「浮き雲」のメロディーでした。ちなみにある方のブログにキャンプで聴くクラシックベスト10のトップにこの「浮き雲」が入っていました。(トラックバックかコメントを送りたかったのですが残念ながらできませんでした)今キャンプからはすっかりご無沙汰しているのですが、確かに自然の中、キャンプで似合う曲のような気がします。そのあとの「胸騒ぎ」は雨と雷。天真爛漫な夏の空の自然です。

 明日からちゃんと練習しよう。大切なのは自分に負けないこと。場違いだと思いそうになっても場違いという言葉はないと思うこと(じつは先日他に出られた方はいきなりすごい方ばかりで場違い感だらけだったのですが。。。)
[PR]
by noco_003 | 2010-06-29 00:00 | ピアノ、音楽
line

音楽その他いろいろ綴っていきます


by noco_003
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite