いろはにぴあの(Ver.2)

skynoco.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

旋律を思いっきり引きたてるか?

 一つの曲でもプロのピアニストたちの演奏を聴き比べると発見がある。特に自分が弾いている曲については妙に厳しい聴き方になり、これは私の思う演奏ではない、とひとりごちたりする。特に自分がなかなかできるようにならなくて困っているところができていないように聴こえたりすると厳しくなる。(一方自分が弾いていない曲に対してはかなり甘いような気がする。)
 たとえばメンデルスゾーンのプレストアジタート。某所で聴き比べた。ちょっと迫力が足りないように感じたり、反対に迫力はあるけれど荒いのでは、と思える演奏があった。もちろん自分のことは高い棚に上げている(汗)。メジューエワさんの演奏も聴いた。迫力ありましたね。でもちょっと荒い感じもした。一方厳格なる変奏曲は素晴らしかった。堅実な構成力がくまなく発揮されているような気がした。
 反対の意味で極端に思えたのがエフゲニー・ザラフィアンツ氏この演奏(残念ながらネット上での音源はありませんでした)。右手が「レーレ―レレ― レファーミ♭レ―ド♯ド♯ーレ」と始まるところで驚愕。その下の和音、例えば最初のレの下にある「ソシ♭」が全く聴こえす、旋律と左手のバスだけが響いているのだ。そして和音が聴こえない現象はずっと続き、移行部ともいえるところでやっとかすかに聴こえるという徹底ぶり。徹底的に楽曲分析した結果だと思えるし、和音をうるさく弾いてしまう傾向のある私からしたらうらやましい限りだが、ここまで徹底していたら、本当に和音を弾いているのか、ソプラノだけ弾いてごまかしているのではないかと疑いたくなっている。もし弾いているのだとしたらこれは驚くべきことだ。ただ、あまりにも整理整頓されすぎて、プレストアジタートらしき荒々しさが弱まっているような気がした。しかし自分の思いに反して和音がうるさい演奏をしがちな私からしたら、あの研ぎ澄まされた感覚を含め近づくべき演奏スタイルの一つのように思えた。でもこの技は手の大きい方ができることなのかもしれないなあ(汗)ちなみに同じCDにはハイドンのソナタも入っていた。こちらはその楽曲分析による整理ぶりが見事な形となって現れ、大変すっきりとした美しい演奏になっていた。
 そう考えてみたら田部京子さんの演奏はその中間をいっている感じで程よいのかもしれない。小菅優さんの生演奏もラフォルジュルネで聴いたのだけど、自分が書くのは大いに僭越なのだが、プレストアジタートはちょっとぴんとこなかった感じ。他の曲の演奏の影に隠れてしまったような感じだった。
 いろいろ書いてしまったが、ザラフィアンツ氏の、音に徹底的にこだわり旋律やバスを極端に引きたてた演奏にかなりの衝撃を受けたのは事実だ。

 ちょっと脱線するが昨日のス○ップのアドバイザーの先生が話されていた。思いが音になっている演奏は人に伝わってくる。しかし、難しい曲になって音が増えると、弾くのに必死になり音を聴いていくのが難しくなると。そういう意味でも難しい曲は難しいのかもしれない。速く弾くところも、初めは丁寧にゆっくり練習していても、だんだん雑になりそれらしく弾けたらいいようになってきたりして、合わせてみたら右といつのまにかずれていたりする。音の多い曲はごまかしがききそうかもしれないが、そういうごまかしもちゃんと聴こえている。しかしそういうことだけに向いていたら「思い」がいつの間にか消えそうになったりする。整然と弾かれていても、無機質だったらつまらないし。。。難しい。
[PR]
by noco_003 | 2010-05-30 17:05 | ピアノ、音楽

エネルギーをいただいてきました

 
d0161503_23331987.jpg

 今日は朝からなんだかじめじめした天気。どうも気分が乗らない。前から聴きに行こうと思っていた横浜市内でのピアノス○ップに行くのも面倒な気がしていた。会場のホール、駅からかなり遠そうなんだもの。自分が弾くわけでもないし、知りあいもいないし。しかし以前から行こうと決めていたものを、こんな怠け心で辞めると言うのはあまりにも勿体ないと思った。しかも今日は旦那が出張中。まさに聴きに行くのに適した日ではないですか。ということで昼からでかけることにした。会場が呼んでいるような気もしたのだ。
 長浜ホールというところが会場だったのだが、写真の通り非常に美しい木造の建物だった。この美しい外観は横浜検疫所の旧事務棟の外観を復元したものらしい。庭園内には野口英世博士ゆかりの研究施設として国内唯一の細菌検査室を保存しているとのこと。ホールではいろいろなコンサートが催されているようだ。

 地下に向かって降りていくとホールだった。参加者は大人の方ばかり。大人になって始められた方、再開された方、続けて弾かれているように思える方などいろいろいらっしゃった。ジャンルもクラシック、ポピュラー、ジャズと多様だった。響きが非常によい会場だった。私が出たステップにも負けじ劣らじの音響だったのではないだろうか。それにしても自分が出ないとなるとこんなにのびのびできるものなのかと思った(殴)
 コンチェルト体験、というのが目を惹いた。ただバックのオーケストラはアコースティックの楽器ではなくキーボードによるオーケストラだったものの、そういう企画自体意味あることのように思えた。曲も白い恋人たちや追憶のようなポピュラーの協奏曲から、ロリンという作曲家のモーツァルトに近い協奏曲、そしてモーツァルトやビバルディの協奏曲までいろいろだった。このオーケストラを最初にされた方が編曲もされたそうだ。オーケストラは指揮者と6人のキーボードの演奏によるものだった。音のバランスもだけど、コンチェルトとなると指揮者も見ないといけないし、スコアもある程度知っている必要がある点で難しそうであるとともに、面白そうにも思った。オーケストラの音がちょっときつく感じる点もあったものの、場所、会場のスペース、予算の面でもアコースティックの演奏を調達するのは難しい状態であることも多いだろう。キーボードだと広めやすいし、コンチェルト演奏への夢も近いものになりやすい。電子楽器だからこそできる、ということもあるように思えた。楽しい企画だったと思う。
 ソロやデュオで出られた方たちの演奏も素敵だった。初めて出演された方も心のこもった演奏をされていた。柔らかく美しい音色でワルツを弾かれた方が、演奏後近くに来られたので、図々しくも声をかけさせていただいた。コメントにも「初めて聴いたときは美しい曲だと思ったけど、弾いているうちにだんだん美しく感じられなくなってきて困りました」というように、私もついつい感じそうになることを正直に伝えているものもあって思わず共感。弾き語りで見事な美声を披露してくれた人もいた。その人はこれからも弾き語りででたいと言っていた。個人的に曲については、シューマンで狙っている「森の情景」、ハイドンの「アンダンテと変奏曲」、バッハ(高橋悠治編曲)の「フーガトト短調」、サン・サーンス(リスト編曲)の「死の舞踏」など聴きたい曲の生演奏も聴けて満足。最後のあたりになると迫力満点のすばらしい演奏が次々と。若い方から白髪のおじいちゃん、おばあちゃんもいて、本格的な演奏をされていた。とにかくいろいろな方がいた 多忙な状況の中で練習され、素晴らしい演奏を聴かせてくれた方もいた。
 実は私も当初は、会場が不便な場所にあったということで、途中で帰ろうと思っていたのだが、楽しかったし旦那もいなかったということで、ついつい羽根が生えてしまい、最後まで聴かせていただいた。同じ市内にもこんなに頑張っているアマチュアの方たちがいるんだ。私もピアノずっと頑張ろうという気持ちになった。
[PR]
by noco_003 | 2010-05-29 23:11 | ピアノ、音楽

メジューエワさん

 CDショップでこのごろ顔写真をよく拝見するピアニストの一人に、イリーナ・メジューエワさんがいる。とてもきれいで可憐そうな方。しかし弾いている曲はラフマニノフ、スクリャービンなどロシアっぽく重厚なものが多い。演奏も骨太なようだ。ロシアのゴーリキー生まれで、ウラジーミル・トロップに師事したというのも大きいと思われる。そしてもっと印象的だったのは、あのメトネルをライフワークにしていて、もっと広めたいと思ってらっしゃること。あの「悲劇的ソナタ」の入ったCD「メトネル作品集2 メジューエワ」もちゃんと出されている。出だしを聴いただけでもど迫力。もっと聴いてみたい~。ちなみにその前の「朝の歌」というのもいい曲です。私にとってメジューエワさんは見果てぬ夢みたいな存在。
 ちなみに彼女は本番でも楽譜を見ながら演奏するとのことだ。そうする理由として「私は演奏家。演奏家にとって楽譜が一番大事で、私の個性が楽譜を上回るのを戒める意味で楽譜を見て弾くのです。」と言われていたそうだ。一番大切なものをおろそかに扱わないようにするための自分に向けての警告らしい。私達が本番で演奏するときは暗譜を推奨されるけど、そのような考え方もあるのだと思った。

 メジューエワさんの演奏を聴く機会があったら聴いてみたいと思ったのだった。
[PR]
by noco_003 | 2010-05-29 09:03 | ピアノ、音楽

レガート~

 このごろのピアノのマイブームは

レガート

なのだ。

 いかにレガートをレガートらしく、フレーズをちゃんと作りながら歌うように弾けるようになるかということなんですね。出来ていたような気がしていたけど、出来てなかったみたい。
 レガートを弾く時は音の移行が大切。指をちょっと這うようにし、音と音とを少しずつ重ねるようにしてみる。しかしそれだけではレガートではない。重心を指から指へと移動させるとよいらしい。そしてその目に見えない動きをいかに体の中で行うかがポイントみたい。それができるようになるとレガートができた、ということになるようだがこれが曲者だった。もちろん鍵盤の中での指の位置も大切なようだ。いかにペダルを使わずに、音が減衰するピアノを歌うようにさせるかがポイントのようだ。
[PR]
by noco_003 | 2010-05-27 23:53 | ピアノ、音楽

タッチする鍵盤の位置

 ピアノの音色をどのようにして変えることができるか、ということについて、最近分かってきたことは
1.タッチする指の角度、真上からか横からか
2.タッチする鍵盤の位置、手前か奥か
3.タッチする速度(いわゆる打鍵スピード)
4.タッチ前後も含めて使う体の部位
5.タッチする指の形、すとんかひっかくようにか這うようにか

によって変化するということだった。とくに2番。奥をタッチするのは黒鍵を弾く時に限る、と思っていたが、黒鍵に限らず音色も変わるのだった。
 家のピアノでは実はそうすることによる変化はそこまで見られないのだけど(でも実は微妙に変化してくれているんですよ)、グランドピアノで弾いたらもっと変わるんだと思いながら弾いてみている。

 それにしても私が子供の時は、指を一音一音高く上げる(ハイフィンガー方式)が正解で、ねかせたり這うようにしたりするようなタッチは論外だと習ってきたような気がする。独立に焦点を置いていたのだろうか。しかし今は指を高く上げる弾き方は薦められていない。一体何を習ってきたんだろう、という気がしないでもない。音色、正しい出し方はたしかにあるけれど、本当はいろいろな出し方があるんだよ、ということも知っていたら、もっと楽しめたかもしれない、と思う。子供の時はタッチも正確である必要があるというさらに上に、ツェルニー○番の○番までいく、とか、早くソナチネやソナタに入るかエリーゼのためにを弾いたほうがえらいという感じだったし、なぜか結構好きだったバッハに対してはあまり話題に挙がっていなかった(ひどい人はバッハは超初心者が弾くものだと言ってきた)というのもあったかな。素早い動きが大切そうに思えたから運動神経が鈍い人にも厳しい世界のように感じられた。つまり当時の私にとってはピアノというものは非常に忍耐力がいるものだったのだ。だから子供の時にはあまり好きな習い事ではなかったと思う。

 しかし高校卒業するころから急に音楽鑑賞に目覚め、ピアノも辞めなければよかったと思いはじめ、それは切実なものになり、挙句の果ては再開しているのだから、不思議である。ピアノもだけどその裏には
 
 とにかく音楽に縁がないのはやだ

というのがあった。高校、大学は表面的には(裏では結構聴いてましたよん)音楽と縁がない感じで、特に高校時代はピアノを習ったことがあるというと言ったら意外がられたりもした。単にどんくさかったからというのもあるけど。だから自分と音楽というものを結び付けるということも大切な課題だった。社会人になって第九の合唱に二回でた。ピアノではなかったけれど、ものすごく楽しかった。第九の歌の先生が中心になられていたド○ツリ○ト協会に入るのが夢だった時期もあったっけな(でもそれは非常に厳しいサークルだと後で分かった。地理的な面を除いても今は到底無理なことだったと分かる。)
 
 ということで、話は飛躍するのですが、音楽と縁が持ちたいときはいつでもだれでも持てる!という世の中でありますように、そしてそういう世の中でずっとありますように。そして私もどういう形であれ

 音楽と縁をずっと持たしていただきますよん
[PR]
by noco_003 | 2010-05-27 07:48 | ピアノ、音楽

楽しきポニョ他

 サークルで急に注目を浴び始めているロベルト・シューマン氏。私も彼のことを大好きだと公言しているが、その割には本当の意味では曲を知らないような気がしてきた。初期から中期の激しく情熱的な曲への関心が強かったのだが、これを機会にもっとシューマンについて知りたくなってきた。そこで後期の親しみやすい作品である「子供のためのアルバム(ユーゲントアルバム)」を少し聴いてみた。
 「勇敢な騎手」なんかかっこいい!昔弾いたことがあってなつかしい。
 「楽しき農夫」といほのぼのとした曲があるが、この曲はおととし流行した「崖の上のポニョ」の歌と似ている。他のブログにもそのようなことが書かれていた。「青い海からやってきた」というところなんか丸ごと一緒。作曲者の久石譲氏は楽しき農夫をベースにこの歌を作ったのだろうか。気になるところだ。(調べているところもあるかもしれない)

 ちなみにピアノ、自己満足練習法を発見した。同じ曲を続けて弾いていてマンネリ化、その割には進歩が見られないような時には、かつて本番で弾いた曲、一生懸命練習した曲をひっぱりだしてメドレーのように弾くのだ。とくによい思い出の曲がある曲、直前に弾いてきた曲などを選ぶといい。出来はともかく、自分はこんなにがんばってきたことがあるのだという思いに浸れる。再び仕上げるというような欲、そのときは弾けていたのに今は弾けないというようなジレンマは放置し、かつてはそういう曲にも取り組んできた、そういう曲や頑張りを思い出せただけでもうれしい、と感じるのが大切。
 今日ハイドンソナタHob.XVI/27、バッハの小フーガ(全然弾けなくなっていたが)、ベートーヴェンソナタ20番、ショパン即興曲2番でそれを実践してみた。よかったのは他の曲で、かなり昔に弾いていたものの、それ以来ずっと弾けていなかったある曲が思い出せたことかな。
 そういうことでちょっと元気づけた後に、マンネリ化し困っている曲に取り組むのも悪くないと思う。ただこれは自分だけでこっそりやるほうがいいかもしれません。
[PR]
by noco_003 | 2010-05-25 00:28 | ピアノ、音楽

練習会

 今日は練習会でした。刺激をもらおうと思って張り切って出かけました。
 弾く時間を十分に確保するために二部屋に分かれました。私たちは前半はカ○イのお部屋。部屋もピアノもちょっとむんむんしていた感じ。しかしメンバーさんに空調を入れてもらいすぐになれました。
 早速本番一週間後のちょっと気が抜けた浮き雲から始めましたが、一週間前の本番よりは弾けたかな。本番もこれぐらいの緊張度だったらいいのですがね~。でも私の演奏はぬるぬるでした。一緒の部屋だったメンバーさんたちは本当に積極的に取り組まれていました。アンサンブルの曲やある作曲家がアレンジした歌曲を心地よく聴こえるように弾かれていたり、組曲の一部やエチュードを密度を濃く練習されていたり、取り組み続けている曲をさらに深く追求されますます磨きをかけられていました。限られた時間の中真剣に取り組まれているメンバーさんたちに刺激を受けっぱなし。そういう中「叩かず硬くならずに大きな音を出せるにはどうしたらよいだろう」という疑問を投げかけ、脱線方向へとちゃっかり持って行った私。メンバーさんも試行錯誤されているようでした。脱力とは言っても指の関節はしっかりさせないといけないみたい。力を抜くのだけどぶらんぶらんではいけないみたい。弾いたあと腕の力を抜いて音を響かせるといいみたい。みなさんの演奏時間を減らすのに貢献してしまいました(すみません)が、お話もできてよかったです。アンサンブルから学べることも多そうですね。ぜひやってみたくなりました。
 最後の1時間は大きな方の部屋に集まってみんなで演奏。見学に来られた方、久しぶりの方もいらっしゃって新鮮でした。そして演奏もエネルギッシュなものが続々と。本当によく練習されています。きっと集中して練習されているのだと思います。少しでも見習いたいです。こちらは本番のような雰囲気でしたが、練習の成果を披露できるような感じがしてよかったです。
 その後は場所を移動してピアノ談義。弾かれた曲についての話、発表会の話などで盛り上がりました。本当に充実したひとときでした(^^)
 
[PR]
by noco_003 | 2010-05-22 23:32 | ピアノ、音楽

かばん

 ひさしぶりに町にあるものをじっくり見てきた。服、小物、インテリアグッズ、気になるもの、素敵なデザインのものがたくさん!かばんもずっと気になりながらも横目で見ながら通過していたのですが、ついに欲望炸裂。前から気になっていたCath Kidstonの店に入り、じっくり観察、そして購入!いろいろな花の絵が描いてあって素敵です。楽譜や本も入れられそうな大きさ。
 今はちょっと抑えているけどLiberty(布地の柄をリンク中)グッズもみつけた。どうも花柄には弱いです。(それにしてもLibertyグッズは高価だ。ごもっともかもしれないが)

 相棒氏は明日から長めの出張です。ちょっと出発日のタイミングが悪いけど。元気で帰ってきますように。
d0161503_0321954.jpg

[PR]
by noco_003 | 2010-05-22 00:29 | 近況

打鍵スピードの実験(?)

 打鍵スピードをいかに変えて音色を変えるか?

ピアノという楽器は
 
打鍵スピードが速いと、大きく鋭く硬い音になるようだ

打鍵スピードが遅いと、小さくまるくやわらかい音になるようだ

前者がフォルテのようで後者がピアノのようなのか?
ちなみにフォルテとピアノは単に強いと弱いではなくて、音色も違うんだよね。

しかし音の質は打鍵スピード以外の要素が絡んでいるような気がする。
重みのかけ方、指が鍵盤にかかる力も絡んでいるはず。

ピアノで実験してみた。音源サイトにリンクしています。
浮き雲の旋律部分。同じ速さで弾こうとしているが

1度目と3度目は打鍵スピードを速めたつもり
2度目と4度目は打鍵スピードを遅めたつもり

しかしだ

全体の速さ、2度目と4度目が遅くなっているし(汗)
しかも2度目と4度目のほうが弱くなっているし(汗)

曲の雰囲気から2度目と4度目のほうがよさそうに思えるが、この部分は決してピアノになっては困るのだ。やさしく柔らかく弾きたいけど、弱弱しくては困るのだ。

大きな音を叩かず鳴らせるようになりますように。
打鍵スピードが速く大きい音を叩かないで出せるようになりますように。

ちなみに電子ピアノでの練習のコツもス○ップで聞いてみた。普通のピアノで弾いているときのレガート、タッチ、響きのイメージを大切にし保ちながら、そのイメージで弾いたときのタッチとの関係をつかんで練習するとよいとのことだった。う~ん、その関係をいかにつかむかなのだが。
[PR]
by noco_003 | 2010-05-21 00:29 | ピアノ、音楽

曲との出会い(メトネルの悲劇的ソナタなど)

 いいと思う曲に出会うとわくわくする。こういう曲に出会えてよかったと思える瞬間がある。そういう瞬間は至福の瞬間。挙句の果ては自分のことはさておいて、無謀にもいつかは弾けるようになりたい、と思ったりもする。
 メトネル作曲の悲劇的ソナタこと、忘れられた調べ第2集の第5番ソナタ・トラジカOp.39-5がそんな一曲に加わった。暗く毒々しく忘れられない感じの激しい出だしが頭から離れない。そしてドラマチックでぞくぞくする展開。メトネル本人の演奏 Scott Meek 氏という方の演奏のの前半後半のYoutubeをリンクしています。Earl Wild氏の演奏もいいのだけど途中で切れるので残念。こういうちょっと癖のありそうな曲に弱いなあ。私がよく弾いてきたタイプの曲や向いていそうに自他とも思える曲から大きくかけはなれているけど、そういう矛盾もあっていいよね。好みにも多面性があっていいはずだ。

 そういうひと癖あってドラマチックな存在の曲(例)
シューマンのピアノソナタ第1番の第2楽章、交響的練習曲、ウィーンの謝肉祭の道化、クライスレリアーナ
ショパンの幻想曲、ポロネーズ第5番
ブラームスのラプソディー2曲
スクリャービンの幻想曲、エチュード
ラフマニノフのピアノソナタ第2番、音の絵
プロコフィエフのピアノソナタ第7番

きゃー、タイトルを書くだけでわくわくする。

 しかし私がそのような曲を弾けるようになる日?当分こなそうです(涙)こそ練をするのならありかもしれないけど。なのでせめてそういう感じの短い曲からごそごそと取り掛かっているのが実態。メンデルスゾーンのプレストアジタートもその一つ。願望ならいくらでも持ってもいいよね~。ただ単なる願望だけで終わらないように、指の力はやっぱりつけたほうがよさそうですね。

 もしメトネルをどうしても弾きたくてたまらなくなったら、「ど」をつけてこっそり練習します。
 
[PR]
by noco_003 | 2010-05-19 23:50 | ピアノ、音楽
line

音楽その他いろいろ綴っていきます


by noco_003
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite